京都について

京都ラーメンファン

a0960_004747
幼い記憶をたどればそこに深く刻み込まれている「自分を育ててくれたラーメン」

20年ほど前から京都にラーメン街ができましたよね。ラーメン街というかラーメン通りというか、高野のあたりにいくつものラーメン屋さんが密集している地域です。

出来立ての頃…というかあそこら辺がラーメン通りとか言われ始めた頃に、学生だったので面白がって何度か行きました。今でも厳密にいうと正式名称でもないらしく、大体あそこら辺のラーメン屋さんがたくさんある辺りをラーメン街みたいな感じで呼んでるようですね。

京都での有名ラーメン店といえば元祖背油ラーメンのますたにが上がるんじゃないでしょうか。あのラーメン屋さんが有名店だと知ったのは成人する頃だったのですが、小さい頃から家族で行く唯一のラーメン屋さんとしてずっと通ってたラーメン店でした。

当時うちの家では「銀閣寺ラーメン」と呼んでいたのですが背油ラーメンますたにがあの店だと知ったときは「えー!!あそこのラーメン屋さんのことなん!?てゆうかますたにっていう名前やったんや!!」くらいの勢いでした。疎水の途中にあるので夏なんかは夕涼みがてら歩いたものです。そして小さい頃に店員のおばちゃんに「ぼく」と言われて否定したらあわてて謝られたのも覚えています。

大きくなってからはすっかりご無沙汰です。久々に食べたいなあとも思いつつ、当時と同じ味なのかも気になるところです。

あとは堀川通りの北山通りと北大路通りの間にあったラーメン屋さんも美味しかったんですが名前すっかり忘れてしまいました。天龍??違うかな~。もうひとつ今はもうないんですが、大谷大学のグランドの横のマクドナルドならびの通りにあったラーメン屋さん美味しかったんですよね~。

京都のラーメンといえば屋台こってり系のイメージがあり、やはりそれを食べて生まれ育ったからかまさにそこがドンピシャの好みで
す。定番のラーメン屋さんでいえば横綱的な。関係ないですがそういえば、横綱も昔は九条ねぎ入れ放題だったのに、いまや国産ねぎになってますね~。

最近では有名な魁力屋も耳に新しい部類でどうも來々亭の二番煎じな気がします。まあ、美味しいから問題ないですが。

そういえば一時期付き合いもあって、北白川通りにある魚介出汁のあっさりラーメンの店によくいってました。まぐろだったか鰹だったかの出汁のラーメンで、普通のラーメンとは違う感覚だったのですが、大将が超無口で話しかけてもまったく会話が進まなかったのが印象的な店でした。

あと、ちょっと毛色の違ったラーメンでいえば新福菜館もゆうめいですね。真っ黒なスープが特徴といわれますが味はいたってあっさりな醤油ラーメンっていう感じでした。こってり屋台系が好きな私にはリピ率の低いところでしたが、行列もできている有名ラーメン店なんですね。ちょっと塩っからいけれど 話の種に楽しんでもいいと思います。