京都の桜

a0960_004750
有名どころナンバーワンではないけれど、地元民にはなかなか人気の桜談義

春は桜

今の時期、ソメイヨシノなんかの一般的な桜の満開時期が通りすぎ、葉っぱが目立ちます。そんな頃には丁度垂れ桜が見頃ですね。

京都で垂れ桜といえば円山公園が有名ですが、私がパッと思い浮かべるのは植物園の横の土手にある垂れ桜の並木道です。あそこら辺の近くに住んでいる京都人なら毎年1回は行ってるんじゃないかなあと思うくらい、あの垂れ桜は人気があります。なんせ北山橋から北大路橋までの植物園側の土手が全部垂れ桜で、その下を歩けるので通り抜けみたいなもので、風情もあるし、散歩がてらにもいい感じです。川を挟んで反対側の土手には普通の桜もあるので、うまく時期が重なれば両方楽しめて、まさに一挙両得です。

昔は北大路橋あたりの河原には、テントが出ていて、もうせんが敷かれて、野点があったり団子のふるまいがあったりしましたけれど、今はもうやってないのでしょうか。いや、団子とかは購入だったかもしれないですが。昔、あの桜並木を母と歩いてるところが新聞に載ったことがあります。植物園横の垂れ桜の並木道のお花見はホント、新聞記事になるくらいの年中行事なんですよね。

もうひとつよく行ったのが仁和寺のボタン桜の夜桜の花見です。フツーに歩いて見て帰るだけも充分に楽しめるのですが、屋台があったり、すき焼きの花見床があったりするので、父が友人たちと一緒に毎年すき焼き花見してました。それに連れられて家族全員ですき焼きをご相伴に預かれるんですよね。親たちの仕事の都合もあってか、いつも夜桜ばかりだったので、昼間はどんな感じなのかちょっとわからなのですが、花見シーズンになるとある、あちこちのイベントのような感じなんだと思います。

けど、子どもの頃ってホントに花より団子で、しかも肉よりジュースとかで、今思えばもったいないことをしていたなあと思ってしまうのですが、もっとしっかりいい肉食べとけば良かったです。むしろいつもみたく食卓に座って食べきらなきゃいけない晩ごはんが、親は自分達が食べてしゃべるのに夢中だし、全然食べてなくても何にも言われない。人前だし余計に叱られないときたらいうことなしとばかりに、団子とかおにぎりとか…子どもってなんて安上がりなんでしょう。ボタン桜は正式には何て言うのかなあ??これもソメイヨシノとかよりも少し遅咲きで、葉っぱもある桜だったと記憶しています。けど、結局覚えているのはそうやって親がお金をかけて楽しんだ夜の花見とかではなく、昼間にちょっと散歩に行ってた近場の桜だったりするんですよね。

京都ラーメンファン

a0960_004747
幼い記憶をたどればそこに深く刻み込まれている「自分を育ててくれたラーメン」

20年ほど前から京都にラーメン街ができましたよね。ラーメン街というかラーメン通りというか、高野のあたりにいくつものラーメン屋さんが密集している地域です。

出来立ての頃…というかあそこら辺がラーメン通りとか言われ始めた頃に、学生だったので面白がって何度か行きました。今でも厳密にいうと正式名称でもないらしく、大体あそこら辺のラーメン屋さんがたくさんある辺りをラーメン街みたいな感じで呼んでるようですね。

京都での有名ラーメン店といえば元祖背油ラーメンのますたにが上がるんじゃないでしょうか。あのラーメン屋さんが有名店だと知ったのは成人する頃だったのですが、小さい頃から家族で行く唯一のラーメン屋さんとしてずっと通ってたラーメン店でした。

当時うちの家では「銀閣寺ラーメン」と呼んでいたのですが背油ラーメンますたにがあの店だと知ったときは「えー!!あそこのラーメン屋さんのことなん!?てゆうかますたにっていう名前やったんや!!」くらいの勢いでした。疎水の途中にあるので夏なんかは夕涼みがてら歩いたものです。そして小さい頃に店員のおばちゃんに「ぼく」と言われて否定したらあわてて謝られたのも覚えています。

大きくなってからはすっかりご無沙汰です。久々に食べたいなあとも思いつつ、当時と同じ味なのかも気になるところです。

あとは堀川通りの北山通りと北大路通りの間にあったラーメン屋さんも美味しかったんですが名前すっかり忘れてしまいました。天龍??違うかな~。もうひとつ今はもうないんですが、大谷大学のグランドの横のマクドナルドならびの通りにあったラーメン屋さん美味しかったんですよね~。

京都のラーメンといえば屋台こってり系のイメージがあり、やはりそれを食べて生まれ育ったからかまさにそこがドンピシャの好みで
す。定番のラーメン屋さんでいえば横綱的な。関係ないですがそういえば、横綱も昔は九条ねぎ入れ放題だったのに、いまや国産ねぎになってますね~。

最近では有名な魁力屋も耳に新しい部類でどうも來々亭の二番煎じな気がします。まあ、美味しいから問題ないですが。

そういえば一時期付き合いもあって、北白川通りにある魚介出汁のあっさりラーメンの店によくいってました。まぐろだったか鰹だったかの出汁のラーメンで、普通のラーメンとは違う感覚だったのですが、大将が超無口で話しかけてもまったく会話が進まなかったのが印象的な店でした。

あと、ちょっと毛色の違ったラーメンでいえば新福菜館もゆうめいですね。真っ黒なスープが特徴といわれますが味はいたってあっさりな醤油ラーメンっていう感じでした。こってり屋台系が好きな私にはリピ率の低いところでしたが、行列もできている有名ラーメン店なんですね。ちょっと塩っからいけれど 話の種に楽しんでもいいと思います。

京都の散歩道

a0960_004754
京都の桜といえば名所がたくさんありますが、堀川通りの桜もソメイヨシノが散ったあとに見頃を迎える桜たちがたくさんあります。堀川通りは堀川というだけあって、川が流れてるんですよね。川といってもいまや溝に近いところも多いみたいですけど、個人的に丸太町近辺は結構雰囲気のある感じでまさに「堀川」といったイメージを持ってます。その脇には柳をはじめとした街路樹が植わっているんですが、その中にはソメイヨシノ系とは違う種類の桜もたくさんあります。

垂れ桜やボタン桜はもちろんのこと、ちょっと変わった緑色の桜なんかもあるので堀川通りを桜の時期に歩くことがあれば、気を付けて見てみて下さい。

堀川通りをもっと京都駅方面まで進んでいくと、西本願寺もありますよね。あの中もさすがお寺だけあって立派な桜や庭園で、趣があります。西本願寺といえば、大通り一本東の烏丸通りにある東本願寺も立派なお寺でもちろん参拝もできます。

桜とは関係ないですけど、西本願寺と東本願寺って昔はひとつの宗派だったんですよね。それが昔々のある時期に、ちょっと色々あって仲違いしてしまって二つに別れたという歴史があるそうです。お経は両方「南無阿弥陀仏」なんですけど、宗教歌とかは歌詞が同じでもメロディが違うので面白かったりします。いや、面白いとか言うとバチが当たりますね。

烏丸通りはどちらかというと街路樹なんかも少ないイメージがありますが、それこそ二筋ほど東にいくと川端通りで、完全なる鴨川沿いの道になるので京都っぽい景色をじっくり楽しめます。

個人的には川端通りっていうとタクシーとか車で走る移動のための道な気がするんですが、道すがらよく見てみると気になるお店もぽつりぽつり見受けられます。三条京阪の土下座像もあるので待ち合わせにするイメージもあるのかな~…けど、梅田方面に出るときはどちらかというと安価な阪急使うので河原町か烏丸から、もしくは速さを重視してJRチョイスで京都駅から…っていうイメージが強いので、京阪をうまく使えた記憶があまりないのが残念です。「京阪のるときお京阪」つってCMのイメージはものすごいインパクトなんですけど。あと中川家のイメージもばっちりです。

川端通りも、木屋町や祇園の辺りなんかは夜の町って感じで、暗くなってからはお酒が入って当然な感じの雰囲気がありますが、昼間の明るうちは学生も歩くグルメスポットだったりもします。学生よりも観光客のほうが多い気もしますが、あのあたりはこじんまりとした京都の町屋がある「観光地」イメージなのかも知れないです。歌舞伎座なんかもあって、芸能関係のファンの方も多いですよね。春の京都をブラブラするのもいいですね。

京都タクシー事情

a0001_014591
京都に限らず、観光地の移動手段と言えば便利なのがタクシー移動ですね。今思えば京都市内どこでもタクシーの量もハンパなくて、すぐに捕まえられるのが当たり前だったこともあって、他府県のタクシー事情の違いもカルチャーショックの1つだと思います。

京都でタクシーといえばヤサカかMKか都なイメージが強いです。都は初乗り料金が安いので道で捕まえるときには選んで乗ったりもしていました。ヤサカはクローバーのマークのタクシーで、普通の車両はクローバーの葉が3枚なのですが、幸運の四葉のクローバーマークのタクシーがあるということで一時期話題になったりもしました。見たり写真にとったりできると幸せになれるとか言いますが、配車によって誰が乗るかは社員にもわからないようです。面白いですね。

京都人に一番身近なタクシーといえばMKタクシーではないでしょうか。あまりに力があるため、大阪での営業にも乗り出していますね。とはいえ京都人に「MK」といえばパッと浮かぶのがタクシーではなくボーリングだと言う人も少なくはないと思います。

と、いうのも、そのMKタクシーの本社(かな??)が加茂川をずっと上流に上がった西賀茂というところにあるのですが、タクシーの本拠地だけでなくボーリング場を併設しているのです。いや、京都人にとっては逆かな、ボーリング場とゲーセンにタクシーの本社が併設しているイメージかもしれないです。

今でこそ河原町にROUND1ができて中心街で気軽にボーリングもできるようになっていますが、一昔前に京都でボーリングと言えばMKでした。ボーリング場とゲーセンがあり、ビリヤードやバッティングや卓球もできるので学生時代は入り浸ったものです。今ではあり得ない1曲100円の電話ボックスを広くしたくらいの超個室カラオケもあったのですが、どうなっているのでしょうか。コインゲームコーナーやテニスもあったように思いますが今は新しくなっているのでしょうか。ボーリング場隅にある妙に癖になるハンバーガーショップも懐かしいです。

また、この建物の中にタクシー会社の社員食堂もあるですが、メニューはいたってフツーの食堂レベルではあるもののバイキング形式の格安価格で、社員でなくても利用できたので数回利用したこともありました。
京都でタクシーというと、土地柄外国人を乗せることも多いでしょうから、他の地域に比べると、より英会話力が求められるかもしれませんよね。空いた時間に英語教材などで勉強しておくといざというとき助かりそうですよね。

西賀茂と言えば市バスの車庫もあって、京都のどんつき(行き止まり)というイメージもあります。当時はよく「上賀茂橋を越えると気候が変わり、橋一本ごとに底冷え度が違う!!!」なんて言っては笑っていました。確かに加茂川の整備っぷりも北山橋から上流に行くと突然閑散とし出し、上賀茂橋から上流は加茂川の源流を見ることができるイメージでした。

大徳寺からラーメン

a0960_004534
大徳寺と言えば一休さんですね。とはいえ高校生くらいになるまで一休さんと大徳寺の関係について全く知らずに生きていました。地元民って意外とそういうものです。大徳寺ってフツウにお寺がどーんとあるだけのイメージかもしれませんが、その敷地たるや相当な広さで、北大路通りに面して延々と壁が続いています。なんの壁だろうかこれは??くらいにして大きくなりましたので、高校生くらいの時に「大徳寺ってこんなに広いの!?」と衝撃を受けたのを覚えています。

その長く続く壁の途中にラーメン屋さんができたのが丁度高校生辺りでした。唐揚げがおいしいらしいとの噂を聞いて食べに行ったのを覚えています。このお店が金ちゃんラーメンなのです。コロッケラーメンが有名…いや、一部地域のなかでヒットしていただけかもしれませんが。

京都のラーメン街が有名になってきたのも丁度その頃だったと思います。高野のあたりにありますよね。そこらじゅうがラーメン屋さんだらけの通りです。そこで1回白菜ラーメン食べたなあ…かむくらとは無関係だったのかなあ…と思い出しますが、もはやかなりの曖昧さ。

それでもやっぱり覚えているのが天一と横綱ですねー。やっぱりあの店舗があるのは関西だけなんですね。関西から出てしまうと無償に食べたくなるときがあります。悟空も好きだったなあ~!!

天一といえば北白川本店ですよね。天一って店舗ごとにスープにアレンジを加えても良いらしく店舗によってビミョーに味が違うんですよね。あそこの汁は妙に玉子の黄身っぽい風味を感じていたのですが、私だけでしょうか。一説によるとあのドロッとスープの決めては玉ねぎだとかなんとか…ホンマかいなという感じですが、色んな噂がまことしやかにささやかれていました。それだけ愛される特徴ある味なんですよね、天一のこってりは。とか偉そうに言ってますが、私が天一で頼むのはこっさり味です。…って天一を知らない人にとってはなんのこっちゃですよね。こっさり味っていうのはこってりとあっさりの間のスープで、店によっては置いてなかったり、中間味と言われるところもあります。

天一の定番こってりラーメンですが、あのカロリーたるや恐ろしすぎて直視できないくらいです。一時期本気でダイエットをしていた時、どうしてもあのスープが飲みたくなり調べたのですが、正直激しすぎて直視できないほどでした。麺と合わせるとホントにとんでもないことに。結果そのときは汁が飲めたら満足だったので一緒にいった相手とシェアお願いしましたけど
あの破壊力は相当です。でも美味しいんですよね~。

不思議美味しいプルルントロロン豆腐

a0960_004518
京都と言えば湯豆腐~!と思い浮かぶ人も多いんじゃないでしょうか!!特に寒い冬にはたまりませんね。女性の味方イソフラボンもがっつりとれてしまう上に高タンパクでローカロリー、しかも専門店で食べてもそこそこリーズナブルだというあたりがかなりのお値打ちです。

かといって京都にすんでいるからと言ってとくに豆腐を意識して生きてきたわけではないのですが、やはり知らぬうちから生活には密着した食べ物だったこともあり、親の趣味に左右されるとはいえ、各家庭でお気に入りの豆腐やさんがあったりするのも日常的でした。

小さい頃の記憶で母が大徳寺にある小川豆腐の豆腐をよく買ってきていたのを覚えているのですが、中でも母曰く「ある時しかない」(今思えば当たり前だ)というトロロンプルルンとした豆腐が鮮明に記憶に残っています。よくスーパーで揚げ物が入っていたり、お総菜とかを自分で詰めるようなプラスチックのパックに入っていて、出汁をかけて食べるのですが、豆腐と言われても豆腐じゃない気がするような不思議な豆腐でした。

あのお店は当日分がなくなったらおしまい!!というイメージであ知る人ぞ知る有名店なので、午前中には人気商品の殆どが売り切れていると母がブツブツ言っていたのも覚えています。

あまりに懐かしくなってネットで調べてみたのですが、トロロンプルルン豆腐の正体は「吉野豆腐」というそうです。どういうものかというと吉野と言えばの葛豆腐なのだそうです。小さい頃の記憶でかなり定かではなかったし、母に聞いてもうろ覚えで「おぼろ豆腐と違うの??」とかテキトーな記憶でそれらしく納得されるしで、どうもモヤモヤしていたのですが、調べてかなりスッキリしました。インターネットってすごい。

そして、知らなかったのですが、たれを出汁か蜜か選べるようでした。へえ~!感心させられました。食感がとろけるわらびもちというか、豆乳味のやんわり柔らかい葛餅というか、独特の舌触りなのですが、確かにどっちでも美味しそうな感じです。

ついでに近くで購入できないかなーと思って調べてみたのですが、扱ってる店舗がない。楽天で調べてみたら一件だけヒットしましたが高い!!一個余裕で1000円以上する!!目ん玉飛び出します!!小川豆腐ではまだに1パック250円ほどで売っているそうなので、今度京都に行ったとき早起きして買いに行こうかとも思ってしまいます。

悔し紛れに掘り下げて調べていると、どうやら家でも作れそうな感じですね。レシピがたくさんありました。イメージとしては手作りのゴマ豆腐を作るときのゴマと水の代わりに豆乳をいれると作れるようです。大徳寺小川豆腐には敵わなくとも作ってみる価値はありそうだなとも思ったのでした。

婚活サイトを利用すれば理想の結婚へ一歩近づくかも

私と主人とは恋愛結婚でしたが、結婚してから主人の具体的な収入や趣味趣向、その他諸々知ったことがたくさんあります。ですので結婚後にこんなはずじゃなかったと思ったことも何度かありました。でも結婚前に収入はいくら貰っていて休日はどんなことをしていて、どんなことにお金を使うのかといったことはさすがに聞けません。

でも現在一般的になってきた婚活サイトやアプリなら、そもそも結婚相手を見つけることが前提なので、結婚前に相手の詳しい情報や条件をある程度知っておくことができます。なので案外こうしたサイトを利用したほうが結婚生活はうまくいくような気がします。

また婚活サイトは年齢適齢期を過ぎた方だけでなく、まだまだ結婚を焦る年齢ではない若い方もたくさん利用していると聞きますが、これは私にしたらとても羨ましい話です。

若い頃から婚活をしておくと、それだけたくさんの出会いがあるということになるし、目も肥えてくると思うので、理想の結婚ができる可能性も高まるのではないでしょうか。

私の若い時代には婚活サイトなどなく、私自身結婚していますが、一度くらい利用してみたかったものです。

資料サイト/結婚したい!幸せになりたい人がまずみるべき出会い探しナビサイト

京都ラーメン2本柱

a0960_004504
京都といえばラーメンがなかなかアツいんですが、自分は小さい頃からずっと親に連れていってもらえるラーメン屋がますたにだったこともあってか、どうも屋台系統のこってりとんこつ醤油が大好きです。

京都人にしては天下一品デビューが遅い方だったと思うんですが、あの味はやっぱり衝撃的ですよね。ていうか私たちの若い頃の噂だと、天下一品は店によってスープの味が違うって言…われてたんですけど、あれは本当なのかなあ??ベースのスープは決まっているけど、店長の独断でスープに材料を加えてもいいって言われてるらしいとかがまことしやかにささやかれていましたが、果たして真相やいかに…。

そういえばネットで見ていると、あの味を家庭で作ろうというレシピも出ていますね。すごすぎる!!友達同士で味の分析をしていたときには「卵の黄身も味がする!!」とか「あのドロッと感は玉ねぎらしい」とか言われてましたけど、レシピ見ていると、鶏ガラみたいですね。あれがまるごと全部濾されることなく、ドロドロになっているっぽいですね。なるほど、そう思うと卵の黄身の風味を推していた意見はかなり一理ありますね。で、ラーメン出汁はほぼ薄口醤油だとか。まあ、こってり大好きですが、最近ではすっかり「こっさり(中間味)」のファンですけどね。そして最近は面の太さも自分で選べますね~。

もう一軒京都でラーメンといえば横綱でしょう。1号線のインター近くの店によく行ってました。関係ないけど、あそこの近くに悟空とかもあったんですよね。個人的に悟空と横綱ってすごく似てる気がするんですけど違うかな~…。

ラーメン横綱の魅力といえばネギ入れ放題です。最近フツウの国産ネギになっているみたいですけど、最初の頃は九条ネギでしたよね。今でも京都の横綱ではそうなのかなあ??めっきり他の地域でしか食べなくなってしまいましたので真相はわかりません。62

しばらく横綱と離れていた時期があったんですが、丁度知り合いと話していたときに横綱の話になり、そのとき一緒にいったという連れが「ざるラーメン食べた」というのを聞いて理解できずに確認したのを覚えています。久々に横綱行っといてざるラーメンて!!!!天一行ってあっさり頼むのと同じ乱暴さではないですか!!他のラーメン屋よろしいがな!!…とか口に出しては言いませんでしたけどね、大人なんで。いや、でもせっかくいってるのになんでやねん!!って叫びたい衝動にかられますよね。まあ、それをきっかけにわざわざ食べに行く熱意が生まれ、足を運べたんで結果オーライでしたけれども。ラーメンって個人差あれど、好みも千差万別で、かつ、一人一人が意外にこだわりを持っているので面白いですよね。ラーメン嫌いな人に出会ったことないです。…と言いたいところですが一人だけ出会ったことあります。小麦臭さの強い麺が嫌…っていう理由で…衝撃だったな。

北山界隈を懐かしむ

a0960_004392
北山といえばグルメストリートのイメージが強いですが、雑貨店や植物園なんかも有名どころです。雑貨店といえばINOBUNが便利でした。丁度向かいの角にロイヤルホストができてお茶なんかするにも便利だったんですが、ロイヤルホストができる前にINOBUNの3階にちょっとしたカフェコーナーみたいなのがあってお茶したりもしました。そこにコーラとカルピスのカクテル的なソフトドリンクがあって名前がキューピッドっていうんですよね。友達にそれを聞いて、興味津々だったのを覚えてます。本当にその組み合わせのノンアルコールカクテルがキューピッドっていうらしいんですが、今なら自分で混ぜちゃえ~くらいにして試すものの、当時はちょっとそういう場所に興味もあったりして友達と一緒によく行ったものです。ちなみにキューピッドですが、二種類を混ぜると見事に分離しはじめて、不思議と透明部分が出てくるそうです。それまたちょっとおしゃれだったりもして。わざわざノンアルコールカクテルとして名前がつくだけのことはありますね。

そんなINOBUNもまだ現役で健在らしくおしゃれな面持ちもそのままです。北山駅を出てすぐの好立地ですよね。近くに美術館とコンサートホールが見えていたとおもいます。ロイヤルホストの下にあったテイクアウトのパンダマークの中華屋さんは…まだあるのかな??ちょっと気になります。

もう少し東の方に行くと、地元でダム女と呼ばれるノートルダム女子小学校と大学があるんですよね。お嬢様学校です。小学校で制服っていうのにちょっと憧れたりもしました。で、そうです近くにもケーキ屋さんがあって、2回がカフェみたくなっていた記憶があります。確かその近くで1度無性にケーキが食べたくなって入って食べた気がします。

そして北山といえばなんといっても植物園ですよね。小さい頃から当たり前にありすぎて有料ではいる大きな公園くらいのイメージでしたけど、今思えば全然違うな…くらいにいして。

中にはバラ園とか水車小屋とかがあって広い芝生もあって小学校では写生会をしに行ったり、幼稚園や保育園では遠足の行き先だったり、何故か中にあった売店とかをすごく鮮明に覚えています。面白いものです。植物園だけあってほんとにいろんな種類の植物があってそれぞれに名前説明が付けてあって、散歩も楽しめますね。中には神社もあったように思います。

植物園は中だけでなく、外の加茂川の土手沿いの垂れ桜も有名ですね。植物園は北山から北大路まであるんですが、その土手沿いがずっと垂れ桜で通り抜けができるし、夜はライトアップもされています。中に入ってのんびりするのも良いですが、丁度時期に行くことができたら、是非おすすめのスポットです。